三軒家のボードゲーム制作ブログ

4人で行っている、ボードゲーム制作グループです。広報活動は私、さかながお送りしております!

【第二回】三軒家ボードゲーム制作日記 【対立編】

ご挨拶

お久しぶりです!さかなです。

ボードゲーム記事はちょこちょこ書かせていただいてたのですが、制作日記は全然書けてませんでした!申し訳ない!( ;∀;)

 

今回は対立編ということで、意見が対立した熱い会議の模様をお送りいたします笑

 

三軒家ボードゲーム制作日記

今回の制作ゲーム内容

本日は前回のBBQのゲーム内容を一度取り払い、シンプルにして再度ゲームの構成について考えてみました!

今回のゲームルールですが

ユーザーにはポイントカードが何枚か配られ、毎ターン皆でそのポイントカードと4種類あるアクションカードのうち1枚選び、場に伏せて出します

その際、親ユーザーから順に手札のポイントカードをチップとして払い(そこで他にも色々処理があるが省略)一番多く出した人に、有利な行動権が与えられます

有利な行動というのはバッティングシステムがあるゲームによくあることで、同じアクションカードを出し合った時に優先権があるものだけ行動できて、ない人はそのターン何もできないというものです

こういうバッティングがあると、相手が何をだすかの読みをする楽しさがあるので、面白いですよね!(*´▽`*)

それで、順に行動の処理をしていきターンは終わります。最終的にある程度のポイント所有者が勝ちとなります。

 

試行錯誤

ポイント加算に関しては残りのカード枚数分だけ追加加算にするだとか、一旦前のBBQに戻してカードの効果について考えたりしてたのですが

攻撃カードに関してどうするかについて問題発生

例えば、相手のポイントカードを盗むカードがあったのですが、特定のユーザーを指定して発動できるものでしたので、集中攻撃ができてしまいます。

これは別にゲームだし、そういうのも面白いという派と

代表的なゲーム(ドミニオンなど)には特定の自分を攻撃するカードはなく、もし特定の人物だけ攻撃できてしまうと初心者攻撃など、平等な立場でゲームができないという派と

意見が分かれてしまいました

ここで長きにわたる意見の出し合いがあるのですが、割愛します

その話し合いの中で今まで指針がなしに色々考えてきたので、これだけは変えないという目標を決めようということになりました

そのも今日がコチラです

  • バッティングのあるゲームにする
  • 4枚のカードを使ってアクション要素を表現する
  • 個人攻撃禁止
  • 平均的に競うゲームにする
  • 所要時間は30分ほど

ご覧になって分かる通り、意見交換の結果は個人攻撃禁止となりました

なぜかといいますと、やはり代表的なゲームは全員で競う内容になっているものが多く、さらには妙に誰かのプレイヤーが独走することもないので、みんなの優劣が拮抗するものにしよう!ということに決まりです('◇')ゞ

もしかして、4枚のカード部分は変わるかもしれないですけどね笑

これにて、この日の集会は終了しました。次回はバッティングシステムがあるボードゲームをテストプレイしてみよう!ということになりました

 

締めのあいさつ

いかがだったでしょうか?

攻撃カードの扱いについては、サークルの4人とでしか意見交換をしていませんので、できたら皆さんのご意見もお聞かせ願いたいです笑

ではまた進展がありましたら、お知らせいたします!ではでは!(^^)!